夏だ!見通しを立てた保育をしよう!!
Out Look!見通しが立つキャンペーン!

 

毎日暑いですね!!集中力を維持するのが大変ですね!
 
「今日の保育に必要な物は・・・?」
「あれはどこに有ったっけ?」
「そもそも”あれ”って要るの??」
「毎日あそこに有るけど誰か片付けるか・・」
「お母さんがお迎えに来たけど・・入れ間違い?」
「制作物はきれいに展示できてるかな?」

 
忙しい毎日を繰り返すと、忙しいからと諦めてしまう準備や、そのための話し合いをついつい省いてしまいがちです。
あるべきでない景色が教室や廊下発見されるかも知れません。

 
 今回のOut Look!キャンペーンの『見通しを立てた保育』とは・・
 
「復旧の見通しが立つ」
「終わる見通しが立つ」
 

見通しとはこのような使われ方をします。
つまり、この先に起こることの予測を立てて事前に「計画と準備」をする事ですね!

コロナ渦の中での「計画と準備」はどうでしょう?

 
運動会や生活発表会は、この「計画と準備」が如何に上手く出来たかが成功の重要ポイントと言えます。
 上手くいくとはどんな時でしょう?

子供が楽しそうに精一杯のパフォーマンスを親に見せているとき・・
先生方が一生懸命この催しに取り組んでくれたと評価されたとき・・など 

 
この時の「計画と準備」は成果に結びつきやすいですね。
子供の成長と親の評価がリアルに先生に届きます。
 
コロナ渦の中では、子供の精一杯のパフォーマンスや親からの評価と向かい合うことが少ないですね。
 
 忙しい毎日の中で、これってどうよ?これでいいの?ほんとは何とかしたいけど・・時間がないから無理やわ。。
 

それでも何とかしたい事。今は無理やけど。こないしたらええんちゃう?
が有れば教えてくださいね!

 

今回のOut Look!キャンペーンは、「今まで見通しがつかなかったこんなことを、こんな風に工夫しました」と、計画と準備を教えてくださいという内容です。
個人・グループ何でもOKです。成果が上がって無いものや、工夫がわからないものでも構いません。まずは発見することが重要ですので、直ぐ結果が出ないものは経過を都度記入してください。